森 琢磨(もりたくま)さま

☆ニックネーム
たっくん、Woody

☆血液型
A RH+

☆出身地
沖縄県那覇市

☆現在所
沖縄県那覇市

☆自分を動物に例えると?

☆ホームページ・ブログ・facebookのURL(アドレス)
https://www.facebook.com/OkinawaWoody

14590308_1079264912192268_5803817565205846330_n


チャームポイント
笑顔


告知
10/28〜31熊本、11/6〜17中東


「好きな言葉・座右の銘(出典も明記)、おじいおばあの教え」
頑張らなくてイイから、でも諦めないで。

14625424_1081453375306755_99939685_n


豊見城No.1スポット
瀬長島


沖縄観光スポット・ベスト
美ら海水族館


沖縄●●オススメベスト
寿味食堂

14642740_1081453371973422_1405283562_n

心の歌
ONE OK ROCK/Be the light(https://www.youtube.com/watch?v=6SsbwJOKSV4
EPO/ある朝、風に吹かれて 
Dreams Come True/何度でも(https://www.youtube.com/watch?v=_PRzpqbcc-s

愛読書
ぼくを探しに/シェル・シルヴァスタイン (https://www.amazon.co.jp/新装-ぼくを探しに-シェル・シルヴァスタイン/dp/406112983X)
アンジュール/ガブリエル・バンサン (https://www.amazon.co.jp/アンジュール―ある犬の物語-ガブリエル-バンサン/dp/4892389579)

 

 プロフィール
沖縄を中心に県内外及び海外と映像クリエーター、イラスト 
レーター(グラフィック・デザイン)として活動中!
また映像やデザインだけでなく2011年3月11日の東日本大震災をキッカケに似顔絵ボランティアを始める。
2016年9月現在で被災地での似顔絵の数は7,000人を超え今でも継続中!


人生のタイトル
Look at my LIFE !


夢を叶えるマイストーリ
10月28日〜31日まで熊本で似顔絵ボランティア
11月7日〜18日まで中東の子供達にワークショップ


沖縄の七不思議
24時間営業の食堂やスーパー
台風の日は気分が高揚して楽しくなる?
冷房器具はあっても暖房器具はないウチが多い?
少々の雨でも傘をささない
紙パックの飲み物の内容量は1リットルじゃなく946ml
近所のコンビニやスーパーにも歩きじゃなく車やバイクで出かける
ドルでも買い物出来るコンビニやスーパーなどがある。

2011年9月11日・・・。
未だかつて見た事のなかった未曾有の大災害に大きなショックを覚えた。
テレビ、新聞、ネット、メディアなどから飛び込んでくる映像はまるでCGで作り出された映画かと見間違うばかりの光景だった!
震災直後、宮城にいる友人に連絡を取ろうとするが当然、繋がらない。
それから数日後・・・友人から無事だというメールが来た。
とりあえず安心と同時に何かしたいと思い友人家族の似顔絵を描いて送った。
その似顔絵に喜んでくれた友人の返信はとても嬉しかった。
その時、漠然と僕の中でこの震災の中で出来る事はないかと考えた。
それはイラストレーターの僕が軽く思い付いた事だ。
当時は仮設なども勿論なく体育館などの公共施設での避難所生活。
プライバシーもない生活の中でせめて子供達が喜んでもらえたらイイなと思った。
それが似顔絵ボランティアだった!
震災から2、3ヶ月が経った頃を目処に東北を訪ずれる予定だったがその年の5月のゴールデンウィーク。
父がクモ膜下出血で倒れ1週間を待たずに逝ってしまった。
その時の喪失感は半端じゃなく辛かった。
こんな想いを東北の被災者の人達は感じているのかと思うと何か行動したい気持ちは漠然から確信へと変わり震災からちょうど半年後の2011年9月11日に宮城へ足を運んだのだ!
それから5年・・・。
似顔絵ボランティアを続けていく内にそれまで無縁だった東北は僕にとって今では大好きな人達がいる大切な場所になっている。
毎回、行くたびにどんな笑顔に出会えるのか楽しみだ
僕の東北には節目はない!
まだまだ続くよ!
たくさんの笑顔に会う為に・・・。


 アニー梅本:ひよこさん、のどかな一日ですね
ひよこ三四郎:そうですね、こうしてアニーさんに見とれたまま、一生暮らしたいです
アニー梅本:私の美しさは、沖縄のみんなのものです。でも、思えば数年前の大震災・・・
ひよこ三四郎:うちは今でも、家庭が毎日揺れてますけれど
アニー梅本:多くの人が、避難してましたね
ひよこ三四郎:ぼくも震災がきっかけで、沖縄にきました
アニー梅本:それで、今では家庭内で被災されているんですね
ひよこ三四郎:胃が痛い・・・
アニー梅本:震災で沖縄に来た人は多いですね
ひよこ三四郎:ボランティアのお世話になったので、そのご恩返しを・・・
アニー梅本:してるんですか?
ひよこ三四郎:したいな、と思ってます
アニー梅本:みんな気持ちだけで、実行できる人は少ないですね
ひよこ三四郎:ボランティアって、生きる意味だと思うのです
アニー梅本:やってから言ってください
ひよこ三四郎:生きるって、ボランティアですから
アニー梅本:やってから言ってください
ひよこ三四郎:だから、ボランティアをメインにして、仕事はたまにする
アニー梅本:ひよこさんは、仕事はたまにもしてないですけれど
森 琢磨:もしもし、そんなに難しく考えず、喜んでもらえたら、それでいいのではないでか?
アニー梅本:あぁ、あなたは・・・
森 琢磨:ボランティアで、たくさんの笑顔に出会える。これ以上のしあわせって、ありますか?
アニー梅本:なんという、しずかな迫力・・・
森 琢磨:なぜ、山に登るのか、そこに山があるから。なぜ、ボランティアをするのか、そこに笑顔があるから
アニー梅本:すばらしいお言葉・・・ひよこさんに聞かせてあげたい・・・
森 琢磨:ひよこさんは、人の話しを決して聞かない人です
アニー梅本:なんと的確なご指摘・・・まさかあなたは、あの、伝説の・・・
森 琢磨:そうです、私が伝説のイラストレーター、森琢磨です。